“岡山県産雄町”を使用し、
独自の菩提もとで造るこだわりの味。

御前酒蔵元 辻本店ONLINESHOP

御前酒蔵元  辻本店

  • お問い合わせ
  • 会員ログイン
  • カート
  • 辻本店ホームページ
 

【流通限定】稲ロゴラベル 雄町65 - 500ml

雄町ファンのための、「雄町の日本酒」

いまや全国で偏愛といえるほどのファンも多い酒米「雄町」で醸したお酒。この雄町が背丈の高い2本の稲穂から始まった歴史をモチーフに、稲ロゴをあしらったラベルにしました。雄町ならではの旨味と酸味とのバランスが絶妙なスタンダード純米酒。長期熟成することで、丸みを帯びた上品さも醸し出しています。

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020で金賞を受賞しました


1859年(安政6年)、備前国上道郡高島村雄町(現在の岡山市中区雄町)の岸本甚造が伯耆大山参拝の帰路で珍しい品種の米を発見した。さっそく二穂を譲り受け雄町に持ち帰って栽培し、1866年(慶應2年)にこの新種に「二本草」と名付けた。 その後、雄町に良い酒米があるとのうわさが広まり、分けて欲しいという希望者が殺到した。岡山県南部をはじめ当地一帯で栽培されるようになり、米の名前もいつしか雄町の名をとり「雄町米」と呼ばれるようになった。
雄町米は、主に日本酒醸造に用いられており、全国でも栽培されているが、9割は岡山県産である。特に、岡山市、岡山市瀬戸(旧瀬戸町)、赤磐市赤坂町地区産のものが有名である。 雄町は優秀な酒造好適米として各地で交配種として使用され、山田錦や五百万石などの優良品種の親として重宝された。現存する酒造好適米の約2/3の品種は雄町の系統を引き継いでいる(Wikipediaより)

商品スペック

容量/価格(税抜) 500ml/990円
原材料 米・米麹
使用米 岡山県産雄町米100%
精米歩合 65%
アルコール度数 15度
日本酒度 +2.0(やや辛口)
酸度/アミノ酸度 1.4/1.2
※上記数値は参考数値です。醸造年度により多少前後することがあります。

温度

冷や ぬる燗
常温 熱燗

おすすめの肴

【流通限定】稲ロゴラベル 雄町65 - 500ml

価格: ¥990 (税込)

お気に入りに追加する お気に入りに追加済み

twitter
  • 友達にメールですすめる
  • 商品について問い合わせる