カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

お祓い酒企画 新型コロナウイルス終息を願って

お祭り・神事には日本酒は欠かせないお供え物のひとつです。そのお祭り・神事が今年は新型コロナウイルスの影響で中止・縮小という報道があちこちでされています。御前酒の地元である真庭市もしかり。630年前に再興された「勝山神集い祭」でも、本来であればお祭りで御神輿にお遷りいただいた神様が町内や御旅所を廻り、皆五穀豊穣を祈念したり、災厄除を願ったり、そして夜の喧嘩だんじりでは各地区大いに盛り上がるのですが、今年はそれも叶いそうにありません。
そこで、地元の氏神様「高田神社」の神職に疫病鎮静のお祓いをしていただいたお酒で、各ご家庭で神様に無病息災を祈念していただきたく今回の企画となりました。各地でお祭りが中止・縮小となる今年こそ、お祭り本来の意義や歴史に敬意を表し、このお酒を飲み新型コロナウイルスの終息をみんなで祈念しましょう。

<お祓い日時>2020年9月16日(水)10時
<場所> 御前酒蔵元辻本店

※お祓いをしていただいたお酒にオリジナル首かけ(お札)をかけて販売いたします。

・蔵元出荷日:2020年9月17日(木)

・対象商品:御前酒 上撰1800ml、 純米 美作1800ml/720ml、 
美作の極1800ml
※美作の極は加盟店のみの販売となります。

・販売エリア:岡山県内酒販店、スーパーマーケットなど




■お問い合わせ

御前酒蔵元辻本店
〒717-0013 岡山県真庭市勝山116
TEL 0867-44-3155 FAX 0867-44-5290
Email info@gozenshu.co.jp
URL https://www.gozenshu.co.jp

全国燗酒コンテスト2020にて 「御前酒 純米大吟醸 馨」が金賞受賞

「全国燗酒コンテスト2020」プレミアム燗酒部門にて「御前酒 純米大吟醸 馨(けい)」が金賞を受賞しました。

岡山県産雄町米を100%使用した純米大吟醸。香りは華やかで酒器に注ぐと、バナナの様な甘い華やかな香りが漂います。口に含むと雄町米ならではのキレイな米の旨みをしっかりと感じます。旨みのある酸が全体を引き締めていて、食中酒としてもお楽しみいただけます。上級者は40~42℃のぬる燗にすると、香りがふわりと増し雄町のふくらみをしみじみと感じることができます。
是非お試しください。


御前酒 純米大吟醸 馨(けい)詳細ページはこちら


御前酒蔵元辻本店
〒717-0013 岡山県真庭市勝山116
TEL 0867-44-3155 FAX 0867-44-5290
Email info@gozenshu.co.jp
URL https://www.gozenshu.co.jp

夏季休業日のお知らせ

□□□──────────────────────────────────────□□

夏季休業日のお知らせ

いつも御前酒蔵元オンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。 

誠に勝手ながら下記の通り夏季休業とさせていただきます。

【夏季休業日】 2020年8月13日(木)~2020年8月16日(日) ※8/15~16は定休日

■御前酒オンラインショップのご注文・お問合せについて

※ご注文は上記期間中でも随時受け付けております。
※上記期間中(8/13~16日)にご注文いただきました商品は、2020年8月17日(月)より、
  順次発送させていただきます。

※上記期間中(8/13~16日)にお問い合わせいただいた内容については、2020年8月17日(月)より、
  順次回答させていただきます。

※通常より回答までにお時間をいただく場合がございます。ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいませ。

※蔵元直営ショップSUMIYAは上記期間中も営業しております。



□□────────────────────────────────────────□□

【御前酒雄町3部作~菩提もと篇~】3か月連続限定出荷のご案内

この度、2020年1月~3月にリリースした「雄町3部作」の続編として、全量「雄町×菩提もと」による3ヶ月連続の限定酒を発売いたします。御前酒として磨きをかけた表現を詰め込んだ3部作を是非お試しいただければ幸いでございます。現存する日本最古の酒造好適米「雄町」。御前酒が創る雄町の素晴らしい世界をみなさまへ。





第1回 菩提もと×氷温貯蔵

「氷温貯蔵」という従来の熟成とは異なる時間軸が、とろりとした甘美さと、活きた新鮮味の両立を生み出します。これまでは成立しなかったこの味わいは、菩提もと仕込みの純米酒を上槽後、すぐに生のままマイナス5℃で囲い熟成させることで実現しました。氷温貯蔵の良さをご堪能いただくため、開栓後はできるだけお早めにお召し上がりください。

酒質:菩提もと純米生原酒 氷温貯蔵
醸造年度:令和1酒造年度
使用米:岡山県真庭産雄町(自社栽培契約田)100%
精米歩合:65%
使用酵母:きょうかい9号 アルコール度数:16度(原酒)
容量:720ml
価格:1,650円(税別)

<出荷日> 2020年9月15日(火)

商品ページへ>>


第2回 菩提もと×完全醗酵

ゆっくりと時間をかけた醗酵により、米から生まれた糖分をすべて使い切る「完全醗酵」という手法があります。御前酒のアイデンティティである菩提もと造りによって、原酒のアルコール度数が19.6度(製品は15度に加水)の完全醗酵純米酒を醸しました。冷やでも燗でも、長く続くこの酒の余韻を感じていただければと思います。またすぐにお飲みいただくのではなく、長期熟成も大いに推奨します。

酒質:菩提もと完全醗酵純米酒火入れ
醸造年度:平成30酒造年度
使用米:岡山県産雄町100% 精米歩合:65%
使用酵母:きょうかい9号 アルコール度数:15度
容量:720ml
価格:1,650円(税別)

<出荷日> 2020年10月13日(火)

商品ページへ>>


第3回 菩提もと×貴醸酒

酒で酒を仕込む「貴醸酒©」の文法で、御前酒にしか成し得ない解釈とは何か。それは菩提もと純米酒をベースに菩提もと純米酒を仕込む、「菩提もと×菩提もと」という唯一無二の貴醸酒でした。際立つ濃密な菩提もとらしさの輪郭、透明感のあるクリアな口あたりは、現代的に昇華された「八塩折之酒(やしおりのさけ)」と考えています。

酒質:菩提もと貴醸酒(生酒

醸造年度:令和2酒造年度
使用米:岡山県産雄町100% 精米歩合:65%
使用酵母:非公開 アルコール度数:15度
容量:720ml
価格:2,500円(税別)

<出荷日> 2020年11月25日(水)
商品ページへ>>


※各数量限定のため品切れになる場合がございます。

御前酒蔵元辻本店
〒717-0013 岡山県真庭市勝山116
TEL 0867-44-3155 FAX 0867-44-5290
Email info@gozenshu.co.jp
URL https://www.gozenshu.co.jp

ビニール袋、紙袋有料化のお知らせ

この度、直営ショップSUMIYA、御前酒オンラインショップ・通販ではCO2削減・環境保全の取り組みの一環として、
ビニール袋・紙袋(手渡し用小分け袋含む)を有料化させていただくこととなりました。
つきましては以下の通り実施させていただきたくお願い申し上げます。

■有料化開始日:2020年7月1日(水)ご注文分より

■販売価格
・ビニール袋(大・中・小)…1枚15円(税込)
・紙袋(大きさにかかわらず)…1枚100円(税込)

お客様にはご負担をお願いすることとなりますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

酒づくり専用米「雄町」を食用として販売します


新型コロナウイルス感染症禍による全国的な日本酒の消費減に伴い、酒蔵では来期の製造石数の調整が余儀なくされています。
岡山県も同様で、日本酒の消費減→酒米の需要減→コメ余りと、影響は徐々に酒米生産農家の方々へ及ぶことが危惧されています。岡山県が主要産地である「雄町」は、日本国内の 170 蔵以上で使用されている酒造好適米(酒米)の最高級品種です。雄町の田圃ではこれから米作りのシーズンに入るところですが、令和 2 年度の作付けについて岡山県下で昨年対比 2~3 割減での生産調整をされるようです。一部で「きぬむすめ」など一般米への転作をすることで当面は田圃としての機能を維持するとのお話ですが、一旦雄町の栽培を辞めてしまうと再度復活させることが難しく、できる限り作付けを維持していく手段を模索している最中です。

「雄町の未来は、御前酒が醸す」をテーマに全量雄町での酒造りを目指す辻本店では、普段はそのまま食べていただくことが珍しい酒米を「雄町のごはん」として食べていただくことで田圃の維持を図れないかと考え、雄町の米穀販売事業を開始いたします。酒米は「食べても美味しくない」というのが定説でしたが、カレーや炒飯にすると食用米とは違った美味しさを感じていただけます。雄町生産者のお話では、かつては祝事の際に雄町を酢飯にしていたそうです。また発売予定商品は酒造りに使用されない規格外の米ではなく、辻本店で使用されるのと同じ検査等級のついた雄町です。粒ぞろいの良さ、調理した際の味馴染みの良さを感じていただけます。1 合(150g)の雄町を炊いてお召し上がりいただくことで、標準的な純米酒(精米歩合 65%)を約 200ml 分飲んでいただいたのと同量になります。酒米である雄町を食べていただくことで、日本酒を飲まない方へのアピールや酒造りへのご理解の一助にもなれば幸いです。今後も新しい取り組みを行いながら、コロナ危機を乗り越える糸口を探していきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------
■発売予定商品
商品名:御前酒 酒米 雄町 五合
希望小売価格:750g(約 5 合)/1,000 円(税抜)
原料玄米:単一原料玄米
岡山県瀬戸町 雄町(検査等級/一等)令和元年産

■発売日:2020 年 6 月 2 日(火)出荷開始

■販売エリア・販売店舗:全国の御前酒特約店

■雄町をお召し上がりいただくときに
まずはそのまま炊いて、雄町そのものの味をお楽しみください。あっさりとして汁気を吸いやすいため、
カレーライスや餡かけなどスープ状のものとの馴染みの良さを感じていただけます。
酒米と性質が似ていることから、リゾット用米としてお使いいただくのもお勧めです。
---------------------------------------------------------------------

■お問合せ先
御前酒蔵元 株式会社辻本店 ―雄町の未来は、御前酒が醸す。―
Tel: 0867-44-3155 Fax: 0867-44-5290
E-Mail : info@gozenshu.co.jp
URL : https://www.gozenshu.co.jp/

新商品「稲ロゴラベル 雄町50香酒」発売のご案内

いまや全国で偏愛といえるほどのファンも多い酒米といえば、岡山県が誇る「雄町」をおいて他にありません。雄町の魅力を広く発信していきたいとの思いから始まった新ブランド「稲ロゴラベル」シリーズより、第2弾となる等外雄町を使用した香り高い日本酒が生まれました。
等外米とはいえ純米大吟醸と同じ50%まで磨き上げて丁寧に醸したこの日本酒は、高級酒と遜色ないほど華やかで洗練された香りに包まれます。ひと口目の驚きと、米の等級だけではない雄町の魅力をお確かめください。

―稲ロゴラベル― 
日本最古の酒米として現代まで受け継がれる酒造好適米の最高級品種「雄町」は、「山田錦」や「五百万石」など多くの酒米のルーツとされています。混血のない原生種ゆえ栽培が難しく、一時は生産量の激減により“幻の酒米”と言われていましたが、岡山県の生産者の方々の努力により名実共に確固たる地位を築いた酒米となりました。

この雄町が偶然発見された2本の稲穂からはじまった歴史をモチーフに、2019年より「稲ロゴラベル」シリーズがスタートしました。手造りのクラフト感を表現したラベルは、ブランディングを通じて価値をつくる株式会社TETUSIN DESIGN(テツシンデザイン)先崎哲進氏のデザインです。

―等外雄町とは― 
等外米(規格外)に格付けされた雄町です。通常、「特上」から「3等」までが特定名称酒(純米酒、純米大吟醸酒など)を名乗ることができますが、その等級外のため普通酒に分類されます。

「全量雄町化」に向けて動き始めた当蔵は、酒造りによって持続可能な地元の農業を支えることができると信じ、等外雄町の使用を本格開始しました。「稲ロゴラベル雄町50香酒」では国内でも最高品質の雄町が栽培される岡山県瀬戸町産の契約栽培田で収穫された雄町のみを使用しています。







商品名:稲ロゴラベル 雄町50香酒

酒質:1回火入れ(等外米使用につき普通酒に分類)
原材料: 米、米麹
使用米: 岡山県瀬戸町産雄町(等外米)100%
精米歩合: 50%
アルコール度数: 15度
容量:500ml
希望小売価格:1,100円(税抜)
蔵元出荷:2020年5月11日(月)

※数量限定3,000本
※常温流通商品

※限定流通商品につき販売先はお問い合わせください。


御前酒蔵元辻本店
〒717-0013 岡山県真庭市勝山116
TEL 0867-44-3155 FAX 0867-44-5290
Email info@gozenshu.co.jp
URL https://www.gozenshu.co.jp

特約店限定流通酒「御前酒 1859」(通年定番酒)発売のお知らせ

令和の時代、御前酒は「全量雄町使用」「全量菩提もと仕込み」を目指します。
まだまだ目指すスタイルを追究していく過程に過ぎないのですが、ここでいよいよ御前酒の哲学を体現する雄町×菩提もと純米酒、「御前酒(ごぜんしゅ)1859(イチハチゴーキュウ)」をお披露目させていただく運びとなりました。

岡山の雄町の歴史は1859年にはじまりました。この年、備前国上道郡雄町村の篤農家である岸本甚造氏は伯耆大山を参拝し、2本の変わり穂を発見したとされています。心白が大きく酒造りに適していると考えた岸本甚造氏は、持ち帰った稲穂から選抜を重ね、次第に岡山県一帯へと拡大しました。この頃から、栽培地の地名である「雄町」として全国にその名を馳せることとなります。雄町はその品質の優良性から、現在全国で使用されているほとんどの酒造好適米のルーツであるとされています。特筆すべきは、160年も前に発見され、現在も残るただ1種の混血のない米であることです。

1859年は、日本の酒造史における重要な転換点と言っても過言ではありません。雄町が発見されて160年後の2019年、御前酒は「全量雄町化」を目指して動きはじめました。 

「1859」は、この酒米と共にこれからも歩んでいく御前酒の覚悟の証です。このお酒がいつでも、どんなシーンでも選んでいただけるような定番の1本になればと願っています。日常をちょっと豊かにできる日本酒で未来を切り拓く。これが当蔵の掲げる「雄町の未来は、御前酒が醸す」の根幹にあるテーマだと思っています。

またラベルに刻まれた"美禄榮萬代"には、人々の営みのなかで受け継がれてきた酒造りによって、未来永劫続く繁栄への願いが込められています。未曾有の事態やかつてない危機、様々なことが起こる世のなかですが、それでもなおゆっくりと時間をかけて受け継がれてきた雄町と菩提もとです。

この先も覚悟と敬意をもって、御前酒が守り誇りとする「不変の潔さ、美しさ」に磨きをかけ、シンプルに、そしてひとつを醇化させていきたいと思います。





商品名:御前酒 1859
使用米:岡山県瀬戸産雄町100%
原材料: 米、米麹
精米歩合: 65%
使用酵母:1401号
アルコール度数: 16度
容量/小売価格(税抜):1800ml 2,800円 720ml 1,400円
蔵元出荷:2020年4月7日(火)

※特約店限定流通商品につき販売先はお問い合わせください。


御前酒蔵元辻本店
〒717-0013 岡山県真庭市勝山116
TEL 0867-44-3155 FAX 0867-44-5290
Email info@gozenshu.co.jp
URL https://www.gozenshu.co.jp

「御前酒まつり2020」開催中止のお知らせ


この度、新型コロナウィルス感染拡大の状況を鑑み、4月25日(土)・26日(日)に予定しておりました「御前酒まつり2020」の開催を中止させていただくこととなりました。

これまで、規模の縮小等、開催の可能性を模索して参りましたが、想定を上回る事態に苦渋の決断をせざるを得ない状況となりました。ご来場を楽しみにしてくださっていたお客様には、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

尚、当日、会場にて販売予定でした「御前酒まつり酒」につきましては、御前酒取り扱い酒販店及び、御前酒WEB通販サイトにて販売いたします。ぜひともご用命賜りますようお願い申し上げます。


【お問い合わせ先】
御前酒蔵元辻本店
〒717-0013 岡山県真庭市勝山116
TEL 0867-44-3155 FAX 0867-44-5290
Email info@gozenshu.co.jp URL https://www.gozenshu.co.jp

「御前酒まつり2020」縮小開催のお知らせ2

 


新型コロナウィルス感染拡大の影響を鑑み、来場されるお客様ならびに出展者様、弊社従業員、すべての方々の健康と安全面を第一に考慮した結果、「御前酒まつり2020」を限定酒販売のみの縮小開催とさせていただきます。

会場内でのお酒の提供・屋台ブース等の飲食や、酒粕詰め放題等の催しは全て中止とさせていただきます。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

開催日時
2020年4月25日(土)・26日(日)9時~12時
※開催時間が変わってますのでご注意ください

場所
御前酒蔵元辻本店(岡山県真庭市勝山116)0867-44-3155
参加費 入場無料

●目玉企画1
この時しかお楽しみ頂けない、スペシャルなお酒をご用意いたします!
御前酒まつり酒 1800ml 3,300円( 税込) 720ml 1,650円( 税込)
※御前酒まつり酒は、今年特別にWEB販売も行います。
下記リンク先よりお申し込みください。
https://www.gozenshu.co.jp/SHOP/1123031/list.html


●目玉企画2
1日150本限定の蔵元の隠し酒を販売 720ml 3,000円(税込)
ご来場者様だけ購入可能な超プレミアム酒です。
※1回のレジでお一人様1本限り。2本目以降は再度お並びいただく必要がございます。
※当日の行列状況により、販売開始時刻が早まることがございます。

●アクセス
・お車でお越しの方 久世・落合インターより約20分 
※駐車場には限りがございます。
・JRでお越しの方 JR中国勝山駅から徒歩15分

<感染予防にご協力ください>
・スタッフはマスク着用での接客とさせていただきます。
・37.5度以上発熱、風邪の症状がある方はご来場を控えていただくようにお願いいたします。
・マスクをお持ちの方は、着用にてご来場ください。

【お問い合わせ先】
御前酒蔵元辻本店
〒717-0013 岡山県真庭市勝山116
TEL 0867-44-3155 FAX 0867-44-5290
Email info@gozenshu.co.jp URL https://www.gozenshu.co.jp

ページトップへ